□sponsor-link

風水インテリア >>寝室 >> ”北枕”の迷信

”北枕”の迷信

”寝室”のインテリアポイントとして、「枕の向き(ベットの配置)」を一番気にすることが多いのでは ないでしょう。実際、風水に限らず・・様々な言い伝えなどでも「枕の向き」に関する吉凶要素が伝え られていたりします。

□sponsor-link
例えば「北枕」。

「北枕」というと、なにやら”不吉な要素”として言い伝えられていたり、今でもそのように思っている 人も多いようですが、”風水的”に考えると”不吉”どころか「望ましい枕の方向」となる場合もあり ますので、”北枕の不吉さ”に関しては、迷信と考えていただければと思います。

実際、”北枕”に関する言い伝えには、しっかりとした理由があるのです。

もともと今の住宅事情とは 大きく住環境が異なる古の時代・・・人が無くなった時にそのご遺体を”北側”に頭を向けて安置して いたことに由来があるのです。その状況から、「亡くなった人」と同じ方向・姿勢となる「北枕」 が「好ましくないもの」として伝えられたようなのですが、その時代、ご遺体が少しでも損傷しないように と”寒い”北側に頭を向けて安置していただけなのです。隙間風の厳しい住宅環境が普通であった時代 のことですから、それなりの意味があったのでしょうね。

”南北方向”で体を並行にする姿勢が理想。

枕 「脳の発達」「健康運の向上」にとって、理想的な”ベッドの向き(寝る方向)”は 「南北方向に並行に寝ること」です。”ベッド及び布団”の長手方向を南北軸方向と 同じ向きで配置することが望ましいのです。この場合、”枕の向き”は「北枕」でも 「南枕」でもかまわないのですが、下記の条件を参考にして”枕方向”を決めていた だければと思います。
*”ベッド”の傍に”窓”がある場合、枕の位置(頭の位置)に”窓”が無いよう にする。
*枕の位置(頭の位置)に「給気口」が無いようにする。


この要素を守ることができる”方向”と”ベッドの配置”を心がけるようにしていた だければと思います。ちなみに、「南北方向」は地球の磁場の流れる方向。磁場の流れ と体の向きが同じ方向となっているほうが、心身にとって良い影響があると考えられる のです。


■模様替えポイント

・「ベッドの向き」はなるべく、南北方向に近い向きにあわせる。”枕の向き”は”窓と給気口” が無い方向に。

スポンサードサイト

寝室

”寝室”関連情報